ヒメナ・エレゲダ/スティーブン・ウォード


ヒメナ・エレゲダ/スティーブン・ウォード
コンテンポラリー・アーティスト

ヒメナはチリ生まれ、ベネズエラ育ち。彼女にとっては地理的景観が常に芸術的創造の源であった。日本の現代陶芸に興味を持ち、1994年に文部科学省奨学金を得て名古屋芸術大学大学院へ留学。スティーブンはカリフォルニアに生まれ芸術に囲まれて育つ。画家としてアーティストの道を歩み始めた後、自らを表現するのに最も適した素材として粘土に出会う。日本の陶芸を求めてアメリカを飛び出し、滋賀にてアーティスト・イン・レジデンスに参加。それぞれの道を歩んできた二人の芸術家は、1996年に川の流れが合流するかのように日本で出会い、様々な形で芸術表現を融合させ共同制作をしてきた。2000年からは愛知県美浜町で2000人のボランティアと共に世界初にして最大の本焼きの音響板を持つ野外劇場「山の広場」を16年かけて完成させ、彼らのパブリックアートの代表作となっている。

Ximena Elgueda/Steven Ward
Contemporary Artists

Ximena, born in Chile forged her artistic path in Venezuela inspired by the indigenous landforms, in 1994 was awarded a scholarship from the Japanese ministry of education to study architectural ceramics at the Nagoya University of the Arts. Steven grew up in California surrounded by art, gravitated to clay as a medium to express himself and after traveling the world he came to Shiga (1995) to do an artist in residency. Like two stream tributaries, these artists met in 1996 and gradually through their life together developed multimedia collaborations. In 2000 they embarked on their remarkable public art project which involved 2,000 volunteers over 16 years to create the world’s first ceramic amphitheater: The Mountain Plaza Ceramic Amphitheater Art Center.