杉浦 亜紗比

杉浦 亜紗比(すぎうら あさひ)
ヘアメイクアップアーティスト

1977年、大阪府生まれ。愛知県岡崎市育ち。2001年に公益財団法人オイスカの植林ツアーに参加したことで、マレーシアボルネオ島のジャングルにある小さな村ティウロンを初めて訪れた。村の人々に魅了され、個人的に度々訪れるようになり、2007年からは村への募金活動を開始した。1人で何の伝手もないところからはじめた活動だったが、1年で100万円も集金することができた。活動は募金から少しずつ形を変え、現在は公益財団法人オイスカ中部日本研修センターの協力のもと、植林活動へとつながっている。

Asahi Sugiura
Hair and Makeup Artist

Born in Osaka in 1977, and raised in Okazaki, Aichi, Japan.Asahi first visited Tiulon, a small undeveloped village deep in a jungle of Borneo island in Malaysia in 2001 as a participant of a reforestation tour by OISCA. Fascinated so much by people in Tiulon, she revisited there again and again. From 2007 she started fundraising to improve Tiulon’s living environment. Although she didn’t have any experience of fundraising and had to start it from scratch, she could gather almost $10,000 just in a year. Her personal action gradually evolved from simple fundraising into a reforestation project cooperating with the OISCA Chubu Japan Training Center.

TEDx Talks:

「『お互い様』という支援の力」
Why mutual support continues so naturally | Asahi Sugiura | TEDxAnjo

募金やボランティアすることは、日本ではまだ一般的ではありません。「国際支援」を自分がすることとは思わない人もたくさんいます。杉浦亜紗比も例外ではありませんでした。しかしティウロンという地図にも載らない東南アジアの小さな村との出会いが彼女の人生を大きく変え、彼女は10年以上もその村人たちへの支援を続けています。このトークでは、支援を無理なく継続するための秘訣を教えてくれます。

Donating or volunteering is not very common among people in Japan yet. Not so many would regard “global support activities” as something they do by themselves. Asahi Sugiura was no exception. After an encounter with Tiulon, a tiny uncharted village in south-east Asia, dramatically changed her life, and she has been supporting people there for over 10 years. Now she tells us how reasonable and continuous connections and supports are possible.